個人賠償責任特約と自動車傷害特約の違い

個人賠償責任特約と自動車傷害特約の違い

事故は車だけではありませんね。自転車同士の事故もありますし、自転車と歩行者の場合もあります。ケガをさせてしまうと、損害賠償を請求されることも当然あります。

 

そんなときのために備えるのが、個人賠償責任特約です。
これは車以外の事故で、他人にケガをさせたり他人のものを壊してしまった場合に備えるものです。

 

保険金が無制限なので、あると安心です。しかも家族全員が対象となりますので、お子さんが多くて1人1人に共済の保険をかけている場合などはこちらの特約を考えてみてもいいかと思います。

 

そしてもうひとつ、自転車傷害特約とはなんでしょう?
これは自分と家族が自転車事故で怪我をしたり、障害を負ってしまったり、万が一死亡してしまった場合に支払われるものです。
自分に対する補償というわけです。

 

自転車に乗る人は増えています。しかし、自動車保険ほど保険に加入してまで事故に備えている人は少ないと思います。
しかし、高齢者や小さい子に自転車で当たった場合は、大けがをさせたり死亡させてしまうリスクも高いです。

 

家族の中で自転車に乗る人が多い、距離が長い、坂道が多くスピードが出るなんかの場合は特にこれらの特約をつけておくと安心ですね。